VBA プロジェクトをロード、ロード解除するには

 
 
 

重要:AutoCAD 2014 ベースの製品から、システム変数 SECURELOAD を 1 または 2 に設定している場合は、カスタム アプリケーションはセキュア モードでのみ機能することになりました。セキュア モードで動作している場合、プログラムはコードを含むファイルを信頼する場所からロードおよび実行するように制限されます。信頼する場所は、システム変数 TRUSTEDPATHS で指定します。詳細は、「概要 - 悪意のあるコードから保護する」を参照してください。

VBA プロジェクトをロードするには

  1. コマンド プロンプトに対して vbaman と入力し、[Enter]を押します。
  2. [VBA 管理]ダイアログ ボックスで[ロード]をクリックします。
  3. [VBA プロジェクトを開く]ダイアログ ボックスで、ロードする DVB ファイルを参照して選択します。[開く]をクリックします。
  4. メッセージ ボックスで[マクロを有効にする]をクリックします。
  5. [閉じる]をクリックします。

VBA プロジェクトをロード解除するには

  1. コマンド プロンプトに対して vbaman と入力し、[Enter]を押します。
  2. [VBA 管理]ダイアログ ボックスで、ロード解除する VBA プロジェクトを選択します。[ロード解除]をクリックします。
  3. [閉じる]をクリックします。

VBA プロジェクトを自動的にロード、起動時にマクロを実行するには

  1. VBA プロジェクトをファイル名 acad.dvb で保存し、製品のサポート ファイル検索パスの 1 つに配置します。
  2. VBA プロジェクトで、AcadStartup とう名前のマクロを作成し、起動時に実行するコードを追加します。
注:新しい図面セッションを開始するたびに、acad.dvb ファイルが検索されて、ロードされます。

AutoLISP を使用して VBA プロジェクトをロードするには

次のいずれかの操作を行います。

注:このファイルが起動時にロードされるようにするには、自動的にロードされる AutoLISP ファイルに S::STARTUP 関数を定義します。