ハートビート信号
 
 
 

オートデスク製品の実行中、製品は「ハートビート」信号と呼ばれる通信方式を使用して、ライセンス サーバと定期的に通信します。ハートビート信号が消失すると、ライセンス サーバは再度接続しようとします。再度接続できない場合、ユーザはライセンス エラーを受け取ります。

サーバとの接続が切断されたために製品が停止した場合は、製品を終了して再起動する必要があります。最初にハートビート信号が消失した原因となった問題が解決され、サーバに使用可能なライセンスがあれば、プログラムを再度使用できるようになります。