グループ コード(番号順)
 
 
 

次の表に、グループ コードまたはグループ コード範囲をグループ コード値の意味とともに示します。表中の "(固定)" とは、そのグループ コードの目的が常に同じということです。グループ コードが固定でない場合、グループ コードの目的は状況に応じて異なります。この表で使用している略語と形式については、 DXF リファレンスの表記上の規約を参照してください。

グループ コード(番号順)

グループ コード

意味

-5

APP: 不変リアクタ チェーン

-4

APP: 条件演算子(必ず ssget とともに使用)

-3

APP: 拡張データ(XDATA)標識(固定)

-2

APP: 図形名参照(固定)

-1

APP: 図形名図形名は、図面を開くたびに変わります。保存されません(固定)

0

図形タイプを表すテキスト文字列(固定)

1

図形に対する主要なテキスト値

2

名前(属性名称、ブロック名など)

3-4

その他のテキストや名前の値

5

図形ハンドル、最高 16 桁の 16 進数のテキスト文字列(固定)

6

線種名(固定)

7

文字スタイル名(固定)

8

画層名(固定)

9

DXF: 変数名識別子(DXF ファイルの HEADER セクションでのみ使用されます)

10

主要な点。線分または文字図形の始点、円の中心など。

DXF: 主要な点の X 値(この後に Y 値および Z 値のコード 20 および 30 が続きます)

APP: 3D 点(3 つの実数のリスト)

11-18

その他の点

DXF: その他の点の X 値(この後に Y 値のコード 21-28 および Z 値のコード 31-38 が続きます)。

APP: 3D 点(3 つの実数のリスト)

20, 30

DXF: 主要な点の Y および Z の値

21-28, 31-37

DXF: その他の点の Y および Z の値

38

DXF: 図形の高度(ゼロでない場合)

39

図形の厚さ(ゼロでない場合) (固定)

40-48

倍精度浮動小数点値(文字の高さ、尺度など)

48

線種尺度。スカラー倍精度浮動小数点値。既定値は、すべての図形タイプに対して定義されます。

49

反復される倍精度浮動小数点値。LTYPE[線種]テーブルのダッシュ長など、可変長テーブルの場合には、1 個の図形に複数のグループ 49 が現れることがあります。最初のグループ 49 のには、常にテーブル長を表すグループ 7x が現れます。

50-58

角度(DXF ファイルでは度で、AutoLISP と ObjectARX アプリケーションではラジアンで出力されます)

60

図形の可視性。整数値。存在しない場合や 0(ゼロ)の場合は可視、1 は不可視を表します。

62

色番号(固定)

66

後続図形フラグ(固定)

67

空間、モデル空間またはペーパー空間(固定)

68

APP: ビューポートがオンで画面に表示されていないだけか、そうでないかを示します。つまり、アクティブでないのか、それともオフになっているのかを示します。

69

APP: ビューポート識別番号

70-78

反復数、フラグ ビット、モードなどの整数値

90-99

32 ビット整数値

100

サブクラス データ マーカー(派生クラス名が文字列として付属)。他の具体的なクラスから派生されるすべてのオブジェクト クラスおよび図形クラスに必要です。サブクラス データ マーカーは、同じオブジェクトに対する継承チェーン内で、異なるクラスによって定義されたデータを分離します。

これは、さらに、ObjectARX から派生されるそれぞれの明確な具体的クラスに対する DXF 名を必要とします( サブクラス マーカーを参照)。

102

制御文字列で、"{<任意の名前>" または "}" が後に続きます。拡張データ グループ コード 1002 に似ていますが、文字列が "{" で始まる場合、アプリケーションで解釈される任意の文字列を続けることができます。他に許される唯一の制御文字は "}" で、グループの終端を示します。AutoCAD は、図面の監査以外では、これらの文字列を解釈しません。これらの文字列はアプリケーションで使用されます。

105

DIMVAR シンボル テーブル項目のオブジェクト ハンドル

110

UCS の原点(コード 72 が 1 の場合にのみ現れます)

DXF: X 値、APP: 3D 点

111

UCS の X 軸(コード 72 が 1 の場合にのみ現れます)

DXF: X 値、APP: 3D ベクトル

112

UCS の Y 軸(コード 72 が 1 の場合にのみ現れます)

DXF: X 値、APP: 3D ベクトル

120-122

DXF: UCS の原点、UCS の X 軸、UCS の Y 軸の Y

130-132

DXF: UCS の原点、UCS の X 軸、UCS の Y 軸の Z 値

140-149

倍精度浮動小数点値(たとえば、点、高度、寸法スタイルに関する各種設定)

170-179

16 ビット整数値(たとえば、DIMSYTLE 設定を表すフラグ ビット)

210

押し出し方向(固定)

DXF: 押し出し方向の X

APP: 3D 押し出し方向ベクトル

220, 230

DXF: 押し出し方向の Y および Z の値

270-279

16 ビット整数値

280-289

16 ビット整数値

290-299

真偽フラグ値

300-309

任意のテキスト文字列

310-319

任意のバイナリ チャンク。 グループ コード 1004 と同じ表現形式および制限。 最大 127 バイトのデータ チャンクを表す最大 254 文字の 16 進文字列。

320-329

任意のオブジェクト ハンドル。"あるがまま" 得られたハンドル値。INSERT[ブロック挿入]および XREF[外部参照]のコマンド操作で変換されることはありません。

330-339

ソフト ポインタ ハンドル。同じ DXF ファイルまたは図面内の他のオブジェクトへの任意のソフト ポインタ。 INSERT[ブロック挿入]および XREF[外部参照]のコマンド操作で変換されます。

340-349

ハード ポインタ ハンドル。同じ DXF ファイルまたは図面内の他のオブジェクトへの任意のハード ポインタ。INSERT[ブロック挿入]および XREF[外部参照]のコマンド操作で変換されます。

350-359

ソフト オーナー ハンドル。同じ DXF ファイルまたは図面内の他のオブジェクトへの任意のソフト オーナーシップ リンク。INSERT[ブロック挿入]および XREF[外部参照]のコマンド操作で変換されます。

360-369

ハード オーナー ハンドル。同じ DXF ファイルまたは図面内の他のオブジェクトへの任意のハード オーナーシップ リンク。INSERT[ブロック挿入]および XREF[外部参照]のコマンド操作で変換されます。

370-379

線の太さの列挙値(AcDb::LineWeight)。16 ビット整数として格納され、転送されます。カスタムの非図形オブジェクトでは、全範囲を使用できますが、図形クラスでは、表現に DXF グループ コード 371-379 のみを使用します。これは、AutoCAD と AutoLISP がどちらも常にグループ コード 370 を図形の線の太さとみなすためです。これにより、370 を使用してその他の "共通の" 図形フィールドのように動作させることができます。

380-389

印刷スタイル名のタイプの列挙(AcDb::PlotStyleNameType)。16 ビット整数として格納され、転送されます。カスタムの非図形オブジェクトでは、全範囲を使用できますが、上記の線の太さの範囲と同じ理由により、図形クラスでは、それらの表現に DXF グループ コード 381-389 のみを使用します。

390-399

印刷スタイル名オブジェクトのハンドル値を表す文字列で、基本的にはハード ポインタですが、下位互換性に対処するために異なる範囲を持ちます。オブジェクト ID(DXF 内のハンドル)および AutoLISP では特殊なタイプとして格納され、転送されます。カスタムの非図形オブジェクトでは、全範囲を使用できますが、上記の線の太さの範囲と同じ理由により、図形クラスでは、それらの表現に DXF グループ コード 391-399 のみを使用します。

400-409

16 ビット整数

410-419

文字列

420-427

32 ビット整数値。True Color を使用する場合、24 ビット カラー値を表す 32 ビット整数。最上位バイト(8 ビット)は0、最下位バイトは青の値(0 - 255)を持つ符号なしの文字、次に緑の値で、上位第 2 位バイトは赤の値です。この整数値を 16 進数に変換すると、次のビット マスクになります: 0x00RRGGBB。たとえば、赤==200、緑==100、青==50の true color は、0x00C86432で、DXF では10 進数で 13132850 になります。

430-437

文字列。True Color に使用する場合、色の名前を表す文字列になります。

440-447

32 ビット整数値。True Color に使用する場合は、透明値

450-459

長整数

460-469

倍精度浮動小数点値

470-479

文字列

480-481

ハード ポインタ ハンドル。同じ DXF ファイルまたは図面内の他のオブジェクトへの任意のハード ポインタ。INSERT[ブロック挿入]および XREF[外部参照]のコマンド操作で変換されます。

999

DXF: グループ コード 999 は、その次の行がコメント文字列であることを表します。SAVEAS[名前を付けて保存]コマンドは、DXF 出力ファイルにこのグループを挿入することはありませんが、OPEN[開く]コマンドは受け入れ、コメントとして無視します。グループ 999 を使用して、ユーザが編集した DXF ファイルにコメントを挿入できます。

1000

拡張データの ASCII 文字列(最大 255 バイト長)

1001

拡張データの登録アプリケーション名(最大 31 バイト長の ASCII 文字列)

1002

拡張データ制御文字列("{" または "}")

1003

拡張データの画層名

1004

拡張データのバイトのチャンク(最大 127 バイト長)

1005

拡張データの図形ハンドル。最高 16 桁の 16 進数のテキスト文字列。

1010

拡張データの点

DXF: X 値(この後、グループ 1020 と 1030 が続きます)

APP: 3D 点

1020, 1030

DXF: 点の Y および Z の値

1011

拡張データの 3D ワールド空間の位置

DXF: X 値(この後、グループ 1021 と 1031 が続きます)

APP: 3D 点

1021, 1031

DXF: 3D ワールド空間の位置の Y および Z の値

1012

拡張データの 3D ワールド空間の変位

DXF: X 値(この後、グループ 1022 と 1032 が続きます)

APP: 3D ベクトル

1022, 1032

DXF: 3D ワールド空間の変位の Y および Z の値

1013

拡張データの 3D ワールド空間の方向

DXF: X 値(この後、グループ 1022 と 1032 が続きます)

APP: 3D ベクトル

1023, 1033

DXF: 3D ワールド空間の方向の Y および Z の値

1040

拡張データの倍精度浮動小数点値

1041

拡張データの距離の値

1042

拡張データの尺度係数

1070

拡張データの 16 ビット符号付き整数

1071

拡張データの 32 ビット符号付き整数