[パーティクル スポーン]ロールアウト(P アレー)
 
 
 
コマンド入力: [作成]パネル ([ジオメトリ]) ドロップダウン リストから[パーティクル システム]を選択 [オブジェクト タイプ]ロールアウト [スーパー スプレー]、[ブリザード]、[P アレー]、[P クラウド] [パーティクル スポーン]ロールアウト
コマンド入力:[スーパー スプレー]、[ブリザード]、[P アレー]、[P クラウド]エミッタを選択 [修正]パネル [パーティクル スポーン]ロールアウト

[パーティクル スポーン]ロールアウトのオプションを使用して、パーティクルが消えたり、パーティクル ディフレクタ(歪み)と衝突したときに何が生じるかを指定できます。このロールアウトのオプションを使用することで、衝突または消滅後にパーティクルから何世代ものパーティクルを次々に発生させることができます。

インタフェース

[パーティクル スポーン効果]領域

以下のオプションから 1 つを選択して、衝突または消滅時にパーティクルに何が生じるかを決定します。

[なし]

スポーン コントロールはいずれも使用しません。パーティクルは通常どおりに動作します。つまり、衝突すると、パーティクルはディフレクタのパーティクル バウンドの設定に応じてバウンドまたは固着し、消滅後に消えます。

[衝突後に消滅]

パーティクルは、S ディフレクタなどのディフレクタに当たって跳ね返ると消失します。

[持続]

パーティクルが衝突後に持続する寿命をフレーム単位で表します。この値を 0 (既定値)に設定すると、パーティクルは衝突後に即座に消滅します。

[変動]

[持続]が 0 (ゼロ)よりも大きい場合、各パーティクルの[持続]値は変動します。これにより、パーティクル密度の消滅を「ブラシング」します。

[衝突時のスポーン]

境界ディフレクタと衝突すると、スポーン効果が生じます。

[消滅時のスポーン]

各パーティクルの寿命が尽きたときにスポーン効果が生じます。

[スポーン トレール]

パーティクルは、そのパーティクルの寿命のフレームごとに既存のパーティクルからスポーンされます。[強度]編集ボックスで、各パーティクルからスポーンされるパーティクルの個数を指定します。スポーンされたパーティクルの基本方向は、親の速度の反対向きです。[スケール カオス]、[方向カオス]、および[速度カオス]の係数がその基本方向に適用されます。

注:[強度]編集ボックスの値が 1 よりも大きい場合、次々にスポーンされてゆくパーティクルを確認するために、3 つのカオス係数のうちの少なくとも 1 つは 0 よりも大きくなければなりません。そうでない場合、複数が同じ空間を占有することになります。
警告:このオプションにより、多数のパーティクルが生成されます。最適な結果を得るためには、まず[パーティクル生成]ロールアウトの[パーティクル量]で[率を使用]を選択して 1 に設定します。
[スポーン]

オリジナルのパーティクル生成を超えるスポーンの数を指定します。たとえば、これを 1 に設定し、消滅時にスポーンする場合、各パーティクルのオリジナルの寿命を超えるスポーンが 1 回発生します。

[影響]

スポーンするパーティクルのパーセントを指定します。この値を小さくすると、スポーンされたパーティクルを生成するパーティクルの数が減ります。

[強度]

スポーン イベントごとにスポーンされるパーティクルの数を増やします。

[変動]

フレームごとに[強度]値が変化するパーセント範囲を指定します。

[方向カオス]領域

[カオス]

スポーンされたパーティクルの方向が親パーティクルの方向から変化する量を指定します。0 (ゼロ)を設定しても変動はありません。100 を設定すると、スポーンされたパーティクルはランダム方向で移動します。50 を設定すると、スポーンされたパーティクルはその親のパスから最大 90 度まで逸脱します。

[速度カオス]領域

この領域のオプションを使用すると、スポーンされたパーティクルの速度をその親の速度に関して変化させることができます。

[係数]

これは、スポーンされたパーティクルの速度のその親に関する変化の割合の範囲です。0 (ゼロ)を設定すると変化しません。

[低速]

速度係数をランダムに適用して、スポーンされたパーティクルの速度を遅くします。

[高速]

速度係数に基づいてパーティクルの速度をランダムに高めます。

[両方]

速度係数に基づいて、高速になるパーティクルもあれば、低速になるパーティクルもあります。

[親の速度を継承]

スポーンされたパーティクルは、速度係数の効果に加えて、親の速度を継承します。

[固定値を使用]

[係数]の値を各パーティクルにランダムに適用された範囲としてではなく設定値として使用します。

[スケール カオス]領域

この領域のオプションでは、ランダム スケールをパーティクルに適用します。

[係数]

親に関して、以下のオプションを設定してスポーンされたパーティクルのスケールのランダムなパーセント範囲を決定します。

[下]

[係数]の値に基づいて、親よりも小さくなるようにスポーンされたパーティクルをランダムにスケール ダウンします。

[上]

親よりも大きくなるようにスポーンされたパーティクルをランダムにスケール アップします。

[両方]

親よりも小さくスポーンされたパーティクルと親よりも大きくスポーンされたパーティクルの両方をスケールします。

[固定値を使用]

[係数]の値を範囲としてではなく固定値として使用します。

[寿命値キュー]領域

この領域のオプションでは、パーティクルのスポーンされた世代ごとに代替寿命値のリストを指定します。スポーンされたパーティクルは、[パーティクル生成]ロールアウトの[寿命]編集ボックスでオリジナルのパーティクルについて指定した寿命ではなく、これらの寿命を使用します。

リスト ウィンドウ

寿命値のリストを表示します。リストの最初の値はスポーンされたパーティクルの最初の世代に使用され、その次の値は次の世代に使用され、というように続きます。リストに含まれる値がスポーンよりも少ない場合は、最後の値が残りのすべてのスポーンに繰り返し使用されます。

[追加]

リスト ウィンドウに[寿命]編集ボックスの値が追加されます。

[削除]

リスト ウィンドウで現在ハイライト表示されている値を削除します。

[置換]

キューの中の値を[寿命]編集ボックスの値で置き換えます。まず、[寿命]編集ボックスに新しい値を入れて、置換するキューの値を選択し、[置換]ボタンをクリックします。

[寿命]

この編集ボックスを使用して値を設定し、[追加]ボタンをクリックして、リスト ウィンドウに値を追加します。

[オブジェクト変異キュー]領域

この領域内のオプションでは、それぞれのスポーンを含むインスタンス化オブジェクト パーティクルを切り替えることができます([パーティクル スポーン]編集ボックスによる設定)。これらのオプションは、[インスタンス化ジオメトリ]が現在のパーティクル タイプである場合にのみ使用できます。

リスト ウィンドウ

パーティクルとしてインスタンス化されるオブジェクトのリストを表示します。リストに載っている最初のオブジェクトは最初のスポーン操作に使用され、2 番目のオブジェクトは 2 番目のスポーン操作に使用されます。リストに含まれるオブジェクトがスポーンよりも少ない場合は、リストに載っている最後のオブジェクトが残りのすべてのスポーンに対し使用されます。

[選択]

このボタンをクリックして、リストに追加するオブジェクトをビューポート内で選択します。使用するオブジェクトの種類は[パーティクル タイプ]ロールアウトの[インスタンス化パラメータ]領域内の設定に基づいていることに注意してください。たとえば、その領域内の[サブツリー]チェック ボックスにチェックマークが付いていると、オブジェクト階層を選択することができます。同様に、グループを選択した場合、グループをスポーンされたパーティクルとして使用できます。

[削除]

リスト ウィンドウで現在ハイライト表示されているオブジェクトを削除します。

[置換]

キューの中にあるオブジェクトを別のオブジェクトで置き換えます。キュー内のオブジェクトを選択して、[置換]ボタンを使用可能にします。[置換]ボタンをクリックして、シーン内のオブジェクトを選択し、キュー内のハイライト表示されている項目を置換します。